看護師の第二新卒の杜 - 転職のお悩み解決 –

*

第二新卒・新人看護師の面接対策

   

看護師に限らず、就職面接は緊張するものです。特に辞めた経緯がある第二新卒ナースや、就職経験がない新人ナースは、どのようなことが聞かれるかどう答えることが良いのか、不安が多いことでしょう。

面接において必ず聞かれる内容と理想的な答え方、そして面接における心構えをご紹介します。

「なぜ、辞めたのですか?」

看護師として仕事を始めてから短期間で辞めた経験がある「第二新卒看護師」に、必ず聞かれる質問がこの辞めた理由です。いくら熱意があることをアピールしても、「そんなに熱意にあふれるあなたなのに、どうして辞めてしまったのですか?」とちょっと意地悪く尋ねられてしまうことがあります。
この質問に対して最も有効な答えは、「この職場でないと経験できないことがある」ことと「看護師としての仕事に情熱を持っていること」、そして「できれば長く勤めてスキルアップしたいと考えていること」をアピールすることです。
いくら意地悪に聞かれたところで、深く考えて辞めると言う決心をしたのですから、「辞めた」という事実を消すことはできません。「こんなにやる気のある人間なのに辞めたと言うことは、よほど問題のある職場なのではないか?」と面接官に思わせるくらいに、情熱的にアピールして下さい。
「この病院のどんなところに魅力を感じていますか?」

新人看護師でも第二新卒看護師でも、必ず聞かれるのが病院の魅力についてです。一般に就職する時にも「企業研究」にウェイトが置かれるのと同様に、看護師の就職にも「病院研究」「医療機関研究」は重要なポイントです。
希望する職場の新しい取り組みや特徴、過去の事例や現在行われている特殊医療、看護師への教育制度や研修制度など、「本当にここに就職したいんだな」と面接官を納得させるように、深く研究して魅力点を挙げて行くことができます。
いくらお給料や福利厚生、休日体制が魅力的な職場であっても、これらについては触れないようにしましょう。あくまでも「働く」ことが目的なのですから、それ以外の部分に注目しているようなそぶりを見せることは不利になります。
「あなたの長所は何ですか?」「短所は何ですか?」

聞かれがちな質問として、自分の長所や短所についての質問があります。特に第二新卒の場合は、「根気が無いこと」や「協調性に欠けること」を思わせる発言は避けるようにしましょう。スタッフ皆と仲良くやってきたいことやできれば長く勤めたいことをアピールするように、「長所」や「短所」を答えるようにしましょう。
面接における心構え

面接では、あなたがどのような人間なのか、皆と仲良く働いて行ける人間なのかに注目されています。明るく前向きであることをアピールするなら、面接結果もうまくいくでしょう。また、前の職場について尋ねられても、決して悪口やネガティブな点を言い過ぎないように心がけましょう。

 - 転職のお悩み解決情報