看護師の第二新卒の杜 - 転職のお悩み解決 –

*

第二新卒・新人看護師におすすめの職場

   

第二新卒看護師や新人看護師の就職・転職先として最適な職場とは、どのような特徴を備えた職場なのでしょうか。

3つのポイントをご紹介します。

1.教育制度

新人ナースはもちろん、職場を1年未満~3年で離れた第二新卒ナースも、看護師としての経験に不足するためにスキルや知識が足りないのは当然のことです。スキルや知識がある程度身に付いてくると、看護師としての自信も身に付き、様々なシチュエーションに対して適切に対応する力が備わってくるのです。
ですから、教育制度、特に新人・第二新卒に対する教育制度が充実した職場を選ぶことが大切になります。先輩ナースとペアになって看護を行う「プリセプター制度」や「パートナー制度」を実施している職場も、新人・第二新卒向きの職場と言えるでしょう。

2.人間関係

人間関係に悩み、うまく馴染めずに辞めてしまう新人ナースや第二新卒ナースも少なくありません。就職前に職場を見学し、ナースたちや医療スタッフたちがどのような雰囲気で働いているかをチェックすることも大事です。
ナースたちの表情一つでも、どのような環境なのかを知ることができます。また、男性看護師がいる職場では、女性特有のいざこざも少ない傾向にあります。就職前に看護師たちの様子や、できればナースステーションに入れてもらって、指示系統がしっかりしている職場なのか、規律が正しく守られている環境なのかもよく見ておくようにしましょう。

3.中規模急性期病院

急性期患者を受け入れる病院では、看護師の業務も多彩になります。手術室や集中治療室、一般外来や病棟など、希望や適性によって様々な環境で働くことができます。特に100床以上の規模である急性期病院では、病院内での看護師の異動も頻繁にあります。多くの経験を積み、看護師としての自信を身につけるためにも、最適の職場と言うことができるでしょう。
それに加えて、異動が多いことから、看護師同士や医療スタッフとの相性があまり良くない場合に起こりがちなトラブルも防ぎやすいという特徴があります。固定された人間関係では、いくら仲良くやっていこうと思っても悪い点が目につきやすく、関係をリセットするために辞めざるを得ない状況に追い込まれることがあります。その点、中規模急性期病院の場合は、看護師の配属も多岐にわたりますので、異動希望も出しやすく、離職のリスクも避けやすいと言えるのです。

 - 転職のお悩み解決情報