看護師の第二新卒の杜 - 転職のお悩み解決 –

*

看護師を続けたい気持ちがあれば大丈夫

   

新卒で就職を探すよりも第二新卒で就職を探す方が、職場の選択肢が狭まることが少なくありません。看護師業界においても同様に、新卒の受け入れより第二新卒の受け入れが少ないのが現状です。ですが、本当に第二新卒は就職が難しいのでしょうか。第二新卒の再就職の本当のところを探っていきましょう。

第二新卒の求人は少ない?

一般的に、第二新卒の求人は少ないと信じられています。確かに新卒ナースと比べると、積極的に受け入れている医療機関は少ないと言うことができます。ですが、受け入れ先が少しだけ少なくなるだけであって、受け入れ先がほとんどなくなってしまうわけではないのです。
求人サイトや求人情報誌を見ても「第二新卒募集」という文字は少ないかもしれませんが、面接をしてみたら普通に就職できたり、就職した後も自然と新卒と同じ待遇で研修に参加させてくれたりすることも多いのです。

第二新卒をポジティブに捉える!

「第二新卒だから受け入れてもらえないかも・・・」というネガティブな態度では、どんな面接もうまくいくのが困難になります。「ナースとして一生懸命働きたい!」という気持ちを前面に出して、第二新卒であることを否定的な要素ではなく一つの経験として捉えているならば、面接官も「ぜひ来てほしい」と思わせることができます。
第二新卒だから就職が難しくなるのではなく、第二新卒だから就職が難しくなると自分で決めつけているのかもしれません。辞めたという過去をポジティブにとらえ、よりよい職場環境を求めて行動しましょう。

専門家に頼ることも大事です!

自分ひとりで地域の医療機関の就職情報を集めることは非常に困難です。再就職を成功させるためにも、内部の看護師のリアルな声や、具体的な職場環境などを前もって知っておくことが必要です。内部の情報などは、看護師転職サイト等で得ることもできます。
看護師転職サイトのサービスに登録して、プロの力を借りることも大事なポイントと言えるのです。一つのサイトでは希望の仕事を見つけにくい場合や情報に偏りがあると感じられる場合は、複数のサイトに登録することもオススメです。
大抵の看護師転職サイトでは、プロの転職アドバイザーや専門のコンサルタントがスムーズな再就職の手伝いを行ってくれます。希望する労働条件や第二新卒であることなどを伝え、「あの病院は辞めて良かった」と思える職場への出会いがあるように活動して行きましょう。

 - 転職のお悩み解決情報