看護師の第二新卒の杜 - 転職のお悩み解決 –

*

第二新卒看護師の転職アドバイス

   

新卒ナースとして就職後、1年未満~3年で離職した「第二新卒看護師」。第二新卒となった看護師が次の職場を決める際に、何に注意をする必要があるでしょうか。また、どのような心構えで就職に臨むことができるでしょうか。

辞めた理由を分析する

大抵の方が悩みに悩んでから退職を決意されたことと思います。辞めようと決意した原因についての自己分析をしっかりと行うことが、次の職場探しの大きなポイントになります。夜勤や残業が多すぎることが退職の原因だった場合なら、看護師数が多い大病院をターゲットに絞ることや、夜勤や残業がほとんどない外来のみのクリニックなどを探して見ることができます。
次は同じ理由で辞めないためにも、自分がなぜ辞めようと決意したのかを明確にする必要があるのです。

第二新卒を育ててくれる職場を探す

辞めざるを得ない理由があったとはいえ、就職先から見ると「根気がないナース」「扱いづらい看護師」と判断されることもあるのが現状です。ですが、全くの新人ナースと比べると、「ある程度の知識やスキルが身に付いている分、指導しやすい」と第二新卒を積極的に受け入れてくれる職場も実際には多いのです。
看護師の求人サイトや求人誌で「第二新卒歓迎」と記されている職場を探すことが、就職後に居心地が悪くなりにくい方法の一つと言えます。第二新卒に対しても新卒と同じ研修制度を実施している職場も、地域内に見つかるかもしれません。

転職や再就職を成功させるポイント

全くの新人ナースのころに比べると、職場の労働条件の判断基準等が格段に身に付いていることが、第二新卒ナースの強みになります。せっかくの強みを最大限に活かすためにも、勤務体制や給与、研修制度や教育補助制度などをしっかりと見極めるようにしましょう。
第二新卒を歓迎している職場を見つけることが難しい場合は、ナース専門の転職支援サイトなどに登録して、専門のアドバイザーの力を借りることもできます。第二新卒にも新人と同じように教育し、研修の機会を設けてくれる職場なら、スキルも身に付きますのでオススメです。
新卒のときに比べると第二新卒は受け入れ先も少なくなる場合が多いです。ですが、退職・転職の経験が無駄にならないように、時間をかけても自分に合う職場を探すようにしましょう。どうしても希望の職場が見つからないときは、条件の一部を妥協してハードルを下げて就職し、数年間の実績を積んでスキルアップしてから、希望の職場に再挑戦することも良いでしょう。

 - 転職のお悩み解決情報